2015年2月3日

2月2日 帰国。おしまい。

カタールで乗り換え。時間がない、お土産を大急ぎで買い、搭乗口へ行き「煙草1本吸うから待って!」とアホなことを言って待ってもらい搭乗。一番最後だった…危なかった。色々疲れすぎていることもあり、飛行機は何だかあまり快適ではなかったです。
映画、Gone Girl(邦題「ゴーン・ガール」)は途中で疲れて英語が入ってこない。Whiplash(邦題「セッション」今年5月位に日本公開予定)はドラムの音だけが入ってきた。ハリポタ3は少しだけ見て飛行機が成田に着いた。検疫に一応相談したが、エボラ含め何の問題も無いとのこと。その後、荷物検査で非常に不快な場面に遭遇するが、僕が入るともっと話がややこしくなるので静かに立ち去る。
17:30にバスに乗り、軽く買い物をして無事帰宅。今回のフィールド調査おしまいです。今年は研究成果のアウトプットを頑張る予定です。

2月1日 ラゴス出国

にわとりいました!3羽も!
7時くらいに起床。パッキンを無事に終えました。F先生が11時に来ると言っていたけれど、10時15分に来てくれました。11時だとギリギリかな〜と少し心配だったので良かったです。道路も空いていて30分少しで空港に着きました。
空港、まず健康チェック用紙の記入と体温測定(36.5度)、スーツケースの中身の検査をして、チェックイン。次に出国審査、けどその前にまた体温測定(35.3度、30分で体温が1度下がったらしい)。出国審査、設備が新しくなっていましたが仕組みは同じでした、嫌いです。そして手荷物検査。僕の前を行く人が凄い勢いで2,000Nくらいを渡していたのですが、そんなヤバイものを持ち込もうとしていたのか。かなり時間があるのでカフェに入るも、あまりの煙たさに苦しむ。コーヒー800N。お腹がすきすぎたのでKFC1,300N。お土産屋さんでマグネットだけ購入。出発1.5時間前、搭乗ゲートへ。手荷物検査でファンタが取られる。ちょっと粘ってみたが本当に無理っぽいので、ラゴス国際空港ではお金を渡さない限り水分は持ち込めないようです。ラゴス空港では航空会社職員以外は全員お金を要求してきます。そんなガツガツしていないので、へいへいほーと言えば許してくれます。そしてもし何かこっちにマジで不都合があったり、何かお願いしたい場合、べしゃりで融通が利くので良いかもしれません。
搭乗。横の南インド系の方がファンキーで楽しいですが、如何せんデカイので空いている席に移動しました。前も後ろもいないので比較的ゆっくりできました。映画は以下。

500 days of summer(邦題「(500)日のサマー)、るろけん3、そして二コール・キッドマンとコリン・ファースが出ているBefore I go to sleep(邦題「リピーテッド」今年5月位に日本公開予定)。最後が良かった。

ドーハ時間23:40到着、降りてバスで移動。全員サーモスタット的なあれで体温を見られていました。次の飛行機は1:10、時間がない〜

1月31日 ダウン

2:30頃、目が覚め、嘔吐を4回。ふー。Environmentalの日(毎月最終土曜日7-10時に家の周りをきれいにする日。公共交通機関は全て止まる)なので、10:30にお邪魔していたお家をでて、ゲストハウスに戻る。
その後、体調が悪いのでひたすらゴロゴロ。NEPAが電気を送らないのでとにかく暑い…。けど無事よくなりました。帰国後マラリア発症に備え、マラリア治療薬とKFCでチキンを買いました。KFCの味がますます落ちている気がしました…。ぼちぼちフィールドノートをまとめて、パッキンを少しして休みました。
あとで知ったのですが、州知事のファショナさんがこの日のEnvironmentalを休止したそう。選挙が理由ですが、またこれについてはそのうち書きます。

1月30日 調査、Lekki

12時からお出かけ、M地区の知人宅を色々と回りました。飲食の量がとんでもないことになりました。その後、初めてLekkiに行きました。オバレンディからLekki行きがありました、確か200Nくらいだったはず。日本から来ている方々とのお食事会。とても楽しかったです。この日はイコイの知人宅にお邪魔することに。

1月29日 調査、大学

(この日の日記をど忘れしていた)
11時くらいにMに行くもあまり人がいない。Mの高位の人物と若者たちがみなとある党の大会に行ってしまい、話を聞きたかった人がみないなくなった…。魚についてはもう少し調べることができました。
大学に行って、先生にプランテーンチップスとジュースを奢ってもらいました。

2015年1月29日

1月28日 調査、魚

ぐっすり7時半過ぎまで眠ることができました。その結果、朝起きたら電気が無く暑い暑い。午前中は仕事をして、嫁さんとスカイプ。
1時過ぎにM地区へ。最大野党APC(全進歩会議, All Progressives Congress)の集会が始まろうとしていました。またAPCの選挙カーと共にトランペットや太鼓を叩くラリーもずらずらと。ありゃりゃこれはまずいと思い、そそくさと移動。M地区の奥へ。
まずJさんとご飯を食べて、何名かに聞き取り。Zさんのところにやたら偉そうで、実際偉く、でも何だか不思議な出自な方がいらっしゃいました。フランス語だけの会話なのでちょっときつかったけど、色々と面白い話が聞けました。Zさんところでまたご飯を頂いたのでお腹がいっぱい。
帰宅しちょっとウトウト。8時くらいに目が覚めてあわてて水を2つほど溜め込み、晩ご飯はまあいっかということで無しに。調べ事をたらたらとして、眠りました。


1月27日 お休み

朝、珍しく電気がしっかり来るので比較的快適にメールを書いたり(理事をしているNGOの仕事がやや多かった)、日記を書いたり、フィールドノートとにらめっこ。
残り数日の調査で明らかにすること並びにそのための手段はもう確定しています、が、明らかになるかは本当に未知数という、何だかあまり好きではない状態。まあ、無理なものは無理なのでそれで良いのですが、どこかにヒントがあると良いなあ。
お昼前にお出かけ。S地区に行ってインターネットのリチャージ、その後ラゴス大学へ。F先生、1時に来ると言ったのに2時に来た、立って待っているのが辛い…。エボラの話をダラダラしました。
今日はお休みを取ると決めていたので、そのまま帰宅。ご飯を食べて、カタカタ色々と調べ事をして眠りました。調査できるのはあと4日間。



2015年1月28日

1月26日 調査

これが噂のindomie(小)である
朝、知人宅(日本人)にて起床。4時くらいから蚊に邪魔されて寝たり起きたりでしたが、それでも快適。8時過ぎに出勤されたので途中まで車で送って頂きました。
帰るとすぐにフィールドノート、日記のまとめ、メール返信など。嫁さんと少しだけスカイプ。ネットは3G買っていたのですがあっという間にほとんど使い切った(使い過ぎ)ので買わなきゃ。
11時過ぎにお出かけ、日本からの駐在の方がマココ地区を見てみたいとのことで、急遽ご案内。一緒にマココ地区に行き、Jに会い、学校を見てZ宅のMTGに参加。選挙の話が相変わらず多く、また選挙絡みで少し暴力事件も発生している模様。Mの入り口で兄ちゃんたちにちょいと鞄強く引っ張られたりしたのでビックリしました…。久々にチーフAにも会え、また話を聞かせてくれるようにお願い、快諾。ご案内するつもりがガッツリ調査だったのですが、横論で下さった気がするので良いかしら…。
少し両替、1USD=198N。ナイラ安が進んでいます。
6時過ぎに帰宅。ルームサービスでご飯を頼むもあまり食べられず。水をいっぱいのんで、フィールドノートをカタカタ。ネットを買うのを忘れた…。23時くらいに眠りました。

1月25日 教会、日本人会

朝6時起床。昨日のフィールドノートを気合いでえっさこらまとめて8時過ぎにMへ。教会のmassへ。色々な方にご挨拶できて良かった。司祭が俺を呼んで200人くらいいるみんなの前で挨拶させられる。この司祭はヨルバでよその教会から来ているみたい。色々とMの人たちのことを知らないな〜と思われる発言がある印象。まええか。
1時過ぎにMを出てイコイへ。ず〜っとお世話になっている知人(日本人)の方のご自宅へ行き、色々とビールを飲みながら話をして、日本人会の新年会へ。大使館や名前をよく聞く企業の駐在員の皆様にご挨拶でき楽しむことが出来ました…。
その後帰るつもりだったのですが、飲み直すかということで知人宅に泊まることに。いっぱい飲んで喋って楽しかったです。23時くらいに就寝。

1月24日 調査

午前中はラゴス大学へ。F先生はまたいなかったので、新聞を買って読み、近くで昼ご飯を食べました。そしてもう1度オフィスを訪れようやく会えました。色々と調査のことを話すと大変興味を持ってくれている様子で良かったです。
その後Mへ。まずJoさん宅訪問。久しぶりの再会。この方、いかにもMの人なのに、僕の研究の中ではかなり例外的な行動をする面白い方です。なぜ彼だけこうなのかが未だいまいち見えてこない…。やはり今回も状況証拠的に色々分かったものの、確信が持てない…。
Jさん宅に2人ほどやはり久々に会うおっちゃんらが居たので、せっかくなので質問攻めをしてみると色々と面白く議論ができました。
その2人の内の1人の知人であるEさん宅を訪問。お土産を渡す。彼女はお土産をじっくり吟味し、これが素晴らしい、あれが良いとか言ってくれる数少ない方です…。近況を伺い、またいくつか質問もしました。
この日はたくさんの方から重要な話を聞けたのですが、帰宅してもうフラフラ。すぐにシャワーを浴びてさっさと眠ってしまいました。